神経内科

神経内科とは?

精神神経内科・心療内科で扱う疾患とは全く違います。
主として神経系の異常により生ずる病気を扱います。

病気としては、
・脳卒中(脳梗塞、脳出血、脳塞栓)
・認知症
・脊椎椎間板ヘルニア等による脊椎障害
・パーキンソン氏病
・脳脊椎腫瘍の診断
・多発性筋炎
・筋ジストロフィー症

等です。

めまい・頭痛も神経内科で扱う疾患です。

当医院では第2、第4土曜日、関西医科大学神経内科日下博文教授、毎週水曜日午後、竹之内徳博医師による脳神経内科、脳血管内科の 特殊外来診療をおこなっています。
下記の症状のある方はご相談下さい。

・意識が時々なくなる
・急に視力が低下
・頭が痛い、しびれる
・耳鳴り、難聴
・食べ物が飲み込みにくい
・手足が動きにくい
・無意識に筋肉が動く
・歩きにくい
・動作が遅くなった
・何となく手足が動きにくい
・まぶたや顔の筋肉がピクピク動く
・手足がしびれる

・臭いがわからない
・物が二つに見える
・めまいがする
・喋りにくい
・汗がでない
・けいれんがある
・手足がふるえる
・表情が乏しい
・よく転ぶ
・手足がしびれるまたは冷たく感じる
・首が無意識のうちに傾いてしまう

お気軽に医師・看護師にご相談して下さい。

ページトップへ